腸活:プロバイオティクスとプレバイオティクス

腸内環境のためには、生きて腸まで届かないとだめなの? 死んだ菌を摂っても意味ないの?

結論:死んだ菌でも効果のあることが研究でわかってきました。
腸活で必ず覚えておいた方が良い言葉、「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」についてお伝えします。

よくCMで、「生きて腸まで届く乳酸菌」ってコピー聞くなあ。

発酵した食品に納豆菌や、植物性乳酸菌、ヌカ漬けの酪酸菌などは、生きたまま腸にたどり着くことができ、腸内環境を良くしてくれます。食べれば、必然的に腸内での数が増えるわけです。
これらの菌が、私たちの健康に役立つ微生物、「プロバイオティクス」です。

じゃ、コウジ菌はどうなの? 生きて腸まで届くの?

「こうじ=麹」と「コウジ菌」は違うもの

まず、スーパーで売っている、または醸造所販売の「こうじ=麹」。
商品名「みやここうじ」、とかです。

この「こうじ」、菌でもなければ、生き物でもありません。

「米麹」なら、お米に麹菌(コウジ菌)をくっつけて、アミノ酸やら、ビタミンなどを出してもらって作られた「米の加工食品」です。

お米にくっついた麹菌は、3日くらいの間活発に働き、アミノ酸やビタミン、酵素を作ります。

そのあと(冷やされて)繁殖をやめ、死んでいきます。

この、「米こうじ」を使って、甘酒を作る段階では、「麹菌」自体は死んでるのです。(号泣

さらに、市販の「塩麹」「甘酒」も、もちろんのこと麹菌は死んでます。

「手作り塩麹」「手作り甘酒」と違うのは、「酵素が加熱処理により不活化されてる」とこだよ!!

だから市販のものは味を整える調味料としての役割。酵素が壊れているので肉を柔らかくしたりはできない(はず。)

肉を柔らかくしたかったら、手作りの塩麹や、甘酒です。

(こないだ、「市販の甘酒は、手作り甘酒と違って麹菌が死んでるんだよ」、て、食品加工業の人に言われてびっくりいたしました。

発酵の理解は、とても難しいということですね。)

もっというと、米麹を使って作る手作り味噌。この中に入ってる「麹菌」も死んでるのです。

麹菌が作り出してくれた「酵素」を使って、豆を発酵させていくのが手作り味噌。

死んだ菌も腸に良い影響を与えるのか

じゃ、死んだ菌を食べても腸に効果はないの?

最近の研究で、

「死んだ菌が、腸内に元から住んでいる細菌の良いエサになる」ことがわかってきたそう。

このことは、プレバイオティクスと呼ばれています。
有用な腸内細菌の餌となる食品成分を摂取することによって腸内環境を改善するということです。

死んだ菌も私たちにとって、プレバイオティクスの作用をもたらしてくれるんですね。

引用元:https://www.danone-institute.or.jp/mailmagazines/backyear/4487.html

プロバイオティクスは「微生物」のことで、「プレバイオティクス」は「概念」なのね。とっても難しい。。もっと良く調べてみようかな。

このように、最近どんどん発酵についての新発見がなされています。

発酵について、特に甘酒についてなどは、ここ10年でようやく科学的に研究が進んできた分野。2年以上前の情報は、古い、と思った方が良いほど、日進月歩だそうです。

話を戻すと
腸内細菌は、人それぞれ飼っている菌が違います。飼っている菌に、オリゴ糖、水溶性食物繊維などのエサをあげて、増やしていく。

これが1番自分の体にあった無理のないやり方。

例えば甘酒には、たくさんのオリゴ糖、食物繊維、そして麹菌の死骸が含まれています。 小豆は食物繊維を多く含みます。米麹由来の栄養に、大豆の栄養が合わさっているのが発酵小豆。

中でも甘酒はとっても手軽。

1日に100ml程度毎日とると、良い腸内細菌が育つのです。自分の飼っている菌、甘酒喜んでくれるかな?食べてくれるかな?て感じ。

甘酒は100mlで80kcal前後。朝飲むのがいいね。疲れた時は夜に。

腸内細菌の構成は人それぞれ

ラブレを毎日買って飲んで、もしお通じの調子がいいなら、ラブレ菌が、あなたの腸に住みやすいのですね。ヤクルトもそう。もしヤクルト毎日飲んでいてお通じの調子がよければ、それは自分に合っている!

外から入れる菌以外に、もとから自分の腸で飼ってる菌にもよいエサをあげて増やそう!ていうのが、甘酒や発酵小豆。

ヤクルトも、ラブレも、豆乳グルトも、プラントベースも、小豆も、甘酒も、いいって言われると、頭で理解して食べます。

でも、ほんとは、人それぞれ。なぜなら、飼ってる菌が違うんだもの。

「なんか体調が良い」

「なんかお通じがスッキリ出て心が晴れやか」

だからこそ、生き物として、本能的に感じる良さ、ハッピーさを、大切に!